流 相馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 天よりの声

<<   作成日時 : 2005/03/05 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
声が叫ぶのが聞こえたような気がした、「もはや眠るな、マクベスは眠りを殺した」、あの無心の眠りを。心労のほつれた糸を撚り戻してくれる眠りを。
                           マクベス 2幕2場
                           ウィリアム・シェークスピア

2つあります。耳は。

音源から音が耳に届くのに、右と左の耳に到着する時間差で

音源の位置を特定しているわけで、

だから、ヘッドフォンをつけると、時間差が無くなって、

音は右ないし左の耳のすぐ傍で聞こえてきます。

両方のヘッドフォンから、同じ音を流すと音源は頭の中心で

鳴っているように聞こえるわけです。

これを利用することで、擬似4チャンネル、あるいは、5.1チャンネル

ができるわけですが、

なにが言いたいのかと言うと、

日常において、時々このような現象が起きることがあったりします。

そう、笑い声が頭上から聞こえたという3kmさまの経験のことで

ござんす。(笑)

たとえば、右ないし左に音を反射しやすい壁などがあったりすると、

右ないし左から来た音が壁に反射します。

反射波は逆相となって、右ないし左の耳に入る音を打ち消し、

左右の耳に到達する時間差を消してしまう。

そうなると、耳のすぐ傍、あるいは頭上、頭の中心で声が聞こえる

という事になります。

これを利用したのが、スピーカーマトリックス。

図のように配線すると、左のスピーカーからは、L−R

右からはR−Lの音がでて、

左耳で聞こえるはずの右からの音を打ち消し、(右耳も同様)

音は左耳のすぐ傍、あるいは後ろから聞こえることになるはず(汗)。

真ん中のスピーカーはL+Rになります。

で、作ってみたんですけど、

私の耳では真ん中からしか聞こえませんでした。(とほほ)

耳の良い人だと、映画館で、時々音が頭の真ん中で聞こえてしまうそうです。

どうなんでしょ?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。そういうことなのですかぁ〜。
興味深いことを 教えていただいて ありがとうございます。
流さん、カッコいぃ〜♪(憧)
リグレット
2005/03/05 21:17
リグレットさま、こんばんは。恐縮至極でございます。
昔、自作スピーカーの神様、長岡鉄男氏の受け売りでございます。
長岡氏は昨年神様から、仏様になられました。
彼の設計した「スワン」は実に名器でした。
流 相馬
2005/03/05 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
天よりの声 流 相馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる