流 相馬

アクセスカウンタ

zoom RSS お友達

<<   作成日時 : 2004/10/22 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 「ビルマ独立に命をかけた男たち」
           遠藤順子著

お友達のお話です。

何故欧米がミャンマーに噛み付くのか。

なんでだろ〜

なんでだろ〜

なんでなんでだろう?。

ちとお勉強です。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
故遠藤周作氏の奥様なのですね。
国内外情勢や背景にあまり明るくありませんので、
ちらっと書評を見ました。
英軍→日本軍→英軍と翻弄されたみたいですが。
もすこし、勉強しますね。
二十三画
2004/10/22 10:36
二十三画さま、ミャンマーにはアラカン山地に断層があり、クロム鉄鉱や有用鉱物の宝庫といわれてます。
それゆえ、各国の思惑に翻弄されているようですね。
今回の政変でEUが経済制裁すると決定したそうな。
とくに利害関係のない国が、その国が軍事政権であろうがなかろうが
そんなことを自らしないでしょう。
日本だって、北朝鮮にたいして、拉致問題が無ければ、経済制裁なんて
お話はしません。
今回の政変は恐らくEU絡みの汚職でしょう。
そんなことも判らない日本のばかマスコミに腹を立てている
今日この頃です。(笑)(ましてや、親日の国なのに)
(鳩山のアホ!)
流 相馬
2004/10/22 13:07
あ〜、今日のニュースでは中国がらみの汚職となってましたね。(笑)
流 相馬
2004/10/22 16:47
どうもです。少し勉強してきました。
中国は天然ガスや鉱物資源の開発に投資し、中東からの石油の安定供給のため
パイプラインを引く計画があるようですね。
自国の利害のために軍政を陰ながら(常任理事国であるにもかかわらず)
援助しているということのようでした。
ミャンマー自体も麻薬売買、軍事増強路線で隣国のインドなども驚異に感じ、
最近は援助の手をさしのべているとありました。結局のところ、あらゆる国の利害の為に、翻弄され続けている国なのだということがおぼろげながら分かりました。北朝鮮から武器も買っているみたいですし、民族間の対立もあるようですね。誰がこんなに複雑な国にしたのでしょう?(長々すみません)
二十三画
2004/10/22 17:37
ありゃ、ご丁寧にどうもです。
それに関しては、高山正之氏が詳しく述べておりますので、
ご参照してくださいませ(笑)
流 相馬
2004/10/22 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
お友達 流 相馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる